教育省、「XNUMX人の生徒にXNUMX台のタブレット」構想を復活へ

プレスリリース:

教育省は、全国のすべての生徒と教師にタブレット端末を提供するためにXNUMX年前に始められた「XNUMX人の生徒、XNUMX台のタブレット」構想を復活させる予定だ。

この計画を発表したポル・ジェン・ペルンポン・チチョブ教育大臣は、この取り組みはタイの学生の教育機会均等を促進し、教育の質を向上させることを目的としていると述べた。

ポルジェネ・ペルムプーン氏は、学業成績評価のプロセスを合理化することで教師と教育職員の仕事量を軽減すること、自発的に故郷の州に戻ることを可能にすること、職位買収の慣行を排除すること、教師の借金問題を解決することなど、追加の目標を概説した。

文科相によると、この取り組みは学生の経済的負担を軽減し、教育機会の格差を縮小することを目的としているという。 当局は現在、プログラムの費用を評価しており、必要に応じて既存の予算を活用するか、借り入れやタブレットのレンタルなどの選択肢を検討している。

「2011 人の生徒、860,000 台のタブレット」プログラムは、1 年にインラック・チナワット元首相の政府によって最初に提案されました。このプログラムは、2012 年半ばに 1.7 億バーツの予算で XNUMX 万人の XNUMX 年生にタブレットを配布することから始まりました。 当初はコストと実用性に関して懐疑的でしたが、初年度後の国家統計局 (NSO) の調査では、タブレットが概ね好評であることが明らかになりました。

教師たちは、言語スキルの向上に特に効果的であると考えました。 しかし、供給されたタブレットの 9% 近くにハードウェアの問題が発生し、XNUMX 年目でプログラムは中止されました。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。