タイとラオス、観光促進に向けた協力協議を開催

バンコク(NNT)– タイとラオスは、地域へのより多くの観光客を誘致するための方策を模索する中で、観光協力の強化を目的とした協議を開始した。

タイのルーイで開催された会議では、両国の当局者が集まり、観光ルートの接続性とパクチョム地区でのXNUMX番目のタイ・ラオス友好橋の建設促進について話し合った。

第20回タイ・ラオス国境警備会議では、観光促進、文化交流、経済、社会、安全保障協力など、さまざまな議題が取り上げられた。

こうした取り組みの一環として、タイは最近、中国人観光客に対するビザ無料政策を承認し、ラオスはタイへの中国人観光客の増加に対応するため、国境の町ビエンチャンのムエンの開発を検討するよう促され、滞在期間を延長する可能性もある。ラオスへの旅。

ムエンの町はラオスのパクチョム地区に近いため、ルーイとビエンチャンの人気観光スポットを結ぶ玄関口となる可能性があります。 ラオスの臨時検問所を恒久的な検問所にアップグレードし、よりスムーズな国境通過とアクセスの改善を可能にする計画が進行中である。

ルーイはまた、パクチョム地区に第二のタイ・ラオス友好橋を建設するという野心的な計画を立てている。 このインフラプロジェクトは、観光、貿易、投資、物流効率の向上など、広範囲にわたる利益をもたらすことが期待されています。 ルーイにある最初のタイ・ラオス友好橋はすでにルーイのターリー地区とラオスのケネタオ市を結んでいます。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。