エネルギーコストの削減が今週から施行される

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相兼財務大臣の政権下で初の公式閣議が開催され、いくつかの大きな変更点が明らかになった。 その中で重要だったのは、今月から施行される電気料金とディーゼル料金の引き下げと、来年から始まる公務員への隔月給与の支払いだ。

電気料金は、4.1 月の請求サイクルから 4.45 台あたり 30 バーツから 20 バーツに引き下げられます。 ディーゼル価格も XNUMX 月 XNUMX 日から XNUMX リットルあたり XNUMX バーツ未満に引き下げられます。真の影響を受ける人々向けのガソリン価格の詳細は後日発表されます。

一方、タイ国民の収入を増やし、より多くの機会を創出するという選挙公約に沿って、国家ソフトパワー戦略委員会が設立された。 農家や中小企業向けに3年間の債務猶予措置も施行された。

最後に、下級職員の経済的負担の軽減を目的として、公務員の新たな隔月給与制度が1年2024月XNUMX日から施行されます。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。