タイ全土で豪雨の確率70~80%、鉄砲水の可能性も

全国 – タイ気象局は、今後 70 時間に大雨が降る可能性が 80 ~ 24% で、バンコクを含むタイ北部、東部、中部および大都市圏に影響を与えると発表しました。 雨が降り続くと、一部の地域で鉄砲水が発生する可能性があります。

タイ気象局は18月XNUMX日、次の天気を予想した。
次の 24 時間は、穏やかなモンスーンの谷が北と北東上部を通過します。
タイが低気圧に乗ってベトナム上空沿岸に接近。 別の穏やかな南西モンスーンがアンダマン海、北、中央、東、南、そしてタイ湾を横切っています。 これにより、タイ北部、北東部、中部、東部の一部の地域で豪雨が発生する可能性があります。

被災地域に住む住民は、特に山の斜面の川沿いや低地での鉄砲水に注意する必要があります。 雷雨の時に旅行する人は注意が必要です。

風と雨により、ラノーン県から上流のアンダマン海上流では高さ1~2メートルの波が発生し、雷雨時には高さ2メートル以上の波が発生する見込みです。 のために
パンガー県から下流のアンダマン海とタイ湾では1メートルの波があり、雷雨時には1〜2メートルの波が発生する可能性があります。 雷雨時の小型船舶の航行は禁止されています。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。