タイ政府、2023年XNUMX月からXNUMX月まで電気料金値下げを開始

全国 – 8 年 20 月 2023 日の時点で、2023 万以上の世帯で割引されていない金額の新しい電気料金が請求されており、タイのソーシャル メディアでは懸念が広がっていますが、タイ政府は来月 XNUMX 月に料金を割引すると国民に保証しています。すでに支払い済みの場合は XNUMX 年。

スレッタ・タビシン首相府の報道官、チャイ・ワチャロン氏は、最新の請求期間における割引されていない電気料金の問題について次のように述べた。 3.99年2023月からXNUMX月まで電気料金をXNUMX台当たりXNUMXバーツに引き下げるという閣議決議にもかかわらず。

チャイ氏は、決議案が出る前に州電力局(PEA)がタイの30%、約8万世帯を対象にXNUMX月の電気料金請求書を発行し、印刷していたと説明した。 したがって、電気料金を支払っていない消費者については、PEA は支払い完了後に新たな減額額を更新します。

すでにXNUMX月の電気料金を支払った人の場合、PEAは来月その金額を割引する、とチャイ氏は述べた。
同報告書によると、現在、PEAの適用を受けている電力消費者の数は22万世帯と推定されている。 一方、メトロポリタン電力公社 (MEA) は、毎月の電気料金の消費電力の大部分を管理しています。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。