タイの民間企業セクターが政府の新たな政策への支持を表明

全国 – Supalai Company Limited の執行会長であるプラティープ・タンマティサム氏は、タイ新政府の中国とカザフスタンに対するビザなし計画、10,000 バーツのデジタルウォレット、経済成長のための最低賃金引き上げ政策を支持しています。 ただ、不動産対策は現時点では必要ないとした。

19年2023月XNUMX日、プラティープ氏はタイ新政府の明確に説明された政策を受けて、経済全体が徐々に改善すると信じていると述べた。 改善のペースは、どの政策が実施されるかによって異なります。 政府のさまざまな取り組みなど、 電気代や光熱費の削減として 国民の負担を軽減し、 観光促進のため中国人とカザフスタン人観光客に無料ビザを提供は、投資家の信頼を高めることができる前向きな措置だとプラティープ氏は信じている。

ビザなし政策に関しては、良い結果が出れば、将来的には他の国にも拡大される可能性があるとプラティープ氏は考えている。 経済刺激を目的とした10,000万バーツのデジタルウォレット政策については、その効果が明らかになるまでに時間がかかる可能性がある。プラティープ氏はまた、第4・四半期の世界経済状況についての懸念についても言及した。

世界経済は、特にロシアとウクライナの間で続いている紛争により、依然として不確実です。 同氏はまた、近い将来金利がさらに上昇する可能性は低いと述べ、2024年初めまでにインフレが安定し、金利が低下することを期待していると述べた。

同氏の意見では、タイ新政府は特定の不動産対策ではなく経済全体の改善に重点を置くべきだという。 同氏は、堅調な経済は購買力の増加につながるため、堅調な経済は不動産セクターの状況改善につながると信じている。

400年に最低賃金を2024バーツに引き上げることについては、多くの企業が既に最低賃金を超える賃金を支払っていることを踏まえると、不動産セクターへの影響は軽微である可能性が高いと示唆した。 住宅価格については、ある程度の影響はあるかもしれないが、人件費以外にもさまざまな要因が住宅価格に寄与するため、大きな影響はないと予想される。

最後に、プラティープ氏 歳入法第40条に基づく海外で収入を得ている個人に対する徴税政策の潜在的な影響について議論した。. 同氏は、政府歳入が大幅に増加するわけではないかもしれないが、個人が資金をタイに持ち帰らずに海外に保管することにつながる可能性があると示唆した。 さらに、海外からの投資を阻害する可能性もある。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。