プーケットで残留中国人XNUMX人を逮捕

プーケット-

タラーンで中国人3人が168日間のオーバーステイで逮捕された。

プーケット入国管理局はプーケット・エクスプレスに対し、関係する国民からの通報を受けてマイカオ地区のソイマイカオ6のエリアを検査したと語った。

発見された中国人は34人で、年齢だけで特定され、29歳、55歳、168歳だった。 彼らはタイに滞在するための合法的なビザをXNUMX日間オーバーステイしていたことが判明した。

彼らはターチャットチャイ警察署に連行され、オーバーステイの容疑で起訴され、費用負担で中国へ強制送還されるのを待つことになった。

同様の記事:

アルジェリア人男性が193日間のオーバーステイでシャロン警察署近くで逮捕された。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。