ロシア人男性、プーケット空港に14日間滞在後帰国

プーケット-

ロシア人男性がプーケット国際空港に14日間滞在した後、帰国した。

プーケット観光支援センター(TAC)は木曜日(21月XNUMX日)プーケットエクスプレスに語った。st)その38日前、空港職員によって名前が伏せられていたXNUMX歳のロシア人男性が、ロシア行きの飛行機に乗り遅れた。 休暇をすべて使い果たした後、彼にはお金が残っておらず、荷物もホテルの部屋や別のチケットを購入する方法もありませんでした。 彼が残したものは携帯電話とパスポートのXNUMXつだけでした。 彼は、母親が家に帰るための新しい航空券を買ってくれるのを待っていたが、現金が不足していたため、空港ターミナルでの生活を余儀なくされたと語った。

TAC、プーケット観光警察、空港職員は過去数週間にわたって彼の世話を手伝ってくれました。 彼は両目の感染症の治療のため近くの病院に運ばれ、空港滞在中、スタッフが彼の着替えや食べ物を探し、目の感染症を治すための請求書を負担してくれた。

木曜日(21月XNUMX日st)彼はついにロシアの家に戻った。 ロシア人男性とその母親は、ここ数週間世話してくれた皆さんに感謝の意を表した。

驚くべきことに、TACはプーケット・エクスプレスに対し、ロシア人男性が飛行機に乗り遅れ、お金もなくプーケット空港で足止めされたのはこれが初めてではないと語った。 昨年、同じ男性が別の飛行機に乗り遅れ、職員の助けで帰国するまでの期間よりも短い期間、空港に滞在したと伝えられている。

プーケット空港スタッフは男性が再びプーケットを訪れることを期待しているが、XNUMX度目の飛行機に乗り遅れないことも願っている。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。