中国人観光客はタイのビザなし政策を高く評価

プレスリリース:

タイ王国政府は、中華人民共和国とカザフスタン共和国のパスポート所有者を対象に、30年25月2023日から29年2024月XNUMX日まで有効なXNUMX日間の滞在に対する観光ビザ免除制度を発表した。

在バンコク中国大使館の公式フェイスブックページは、中国人観光客に対するビザ免除政策に関するメディアの質問に対する在タイ中国大使館報道官の発言を掲載した。

広報担当者は「タイは中国人観光客にとって人気の目的地だ。 中国人観光客にビザ免除が認められることで、旅行が容易になる。 また、タイの観光開発と経済回復にも利益をもたらす可能性があります。 私たちはこの方針を高く評価し、必要なサポートを提供する所存です。 一方、私たちはタイが中国人観光客に対してより安全で優れたサービスを提供できることを期待しています。」

タイ観光局によると、中国人とカザフスタン人観光客にも拡大されたビザ免除制度により、タイ観光業が復活し、観光客数25万~30万人、収入2.38兆XNUMX億バーツという今年の目標を達成できると期待されている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。