タイFDA、輸入日本産水産物の安全性を確認

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 食品医薬品局 (FDA) は、日本から輸入される魚介類は放射能の厳格な検査を経て、消費しても安全であると消費者に安心させました。 この発表は、2011年に津波で破壊された福島原子力発電所からの処理水の放出に対する国際的な懸念の中で行われた。

FDAのレルチャイ・レルトヴット事務次長によると、24月75日に福島原発が処理済み放射性水を太平洋に放出し始めて以来、厳格な安全対策が講じられている。FDAはこれまでに「危険にさらされている」サンプル134件の検査を実施している。イカ、軟体動物、カニなどの魚介類のセシウム 137 とセシウム XNUMX の含有量を分析します。

レルチャイ氏は、これまでに分析された42サンプルのうち73サンプルの結果では、国際基準を超える放射性物質は検出されなかったが、残りの33サンプルの分析はまだ進行中であると述べた。

FDA副事務総長は、サンプルが放射能に汚染されていることが判明した場合、影響を受けた水産物在庫は処分され、輸入は直ちに停止されると国民に保証した。 同氏は、FDAはすべての輸入水産物が放射能汚染されていないことを保証するために包括的な措置を講じていると付け加えた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。