武漢ウイルス研究所が新型コロナウイルス株を警告

プレスリリース:

コウモリのコロナウイルスに関する最新の研究は、将来の感染爆発の可能性について世界的な懸念を引き起こした。

中国の武漢ウイルス研究所の新興感染症センター所長である石正麗博士が主導した研究により、ヒトへの感染リスクが高い20以上の株が明らかになった。

「コウモリ女」や「ウイルスハンター」として広く知られる石正麗博士は、動物、特にコウモリ由来のコロナウイルスに関する研究で著名な人物である。 彼女のチームの最近の発見は、これらの株が将来のパンデミックにつながる可能性があることを示唆しています。 この研究は昨年XNUMX月に医学雑誌に発表され、中国メディアの注目を集めたため、一部の専門家はこの研究を将来の流行を予測し予防するための「コロナウイルス辞典」に例えている。

しかし、未知のウイルスの追求にはリスクが伴う可能性があると批評家は主張している。 ウイルス狩りにより人間と野生動物との交流が増えると、意図せずしてより深刻な世界的パンデミックが引き起こされる可能性があります。

武漢ウイルス研究所の彼女の研究室はコロナウイルス研究を専門としているため、鄭麗博士は新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まって以来、厳しい監視下に置かれている。 彼女は、新型コロナウイルスが自分の研究室から漏れ出したという疑惑を否定している。 中国政府は、動物から人間に感染する可能性のあるウイルスに関する彼女の研究を引き続き支援している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。