プーケットのビーチでロシア人男性が溺死

プーケット-

タラーンのビーチでロシア人男性1人が溺死し、他のロシア人2人が溺死から救出された。

プーケット観光警察は木曜日(28月XNUMX日)、プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らは、チャーンタレーのバンタオビーチでの事件について知らされました。

彼らとプーケットエクスプレスは海から救助されたロシア人2人を見つけるためにビーチに到着した。 彼らは近くの病院に運ばれた。

後にプーケット観光警察によってアブドゥルガニエフ・マラット氏(34歳)であると公然と特定された別のロシア人は、救助中に波にさらされてさらに海に引きずり出された。 その後、彼は救助チームによって無事にビーチに引き戻されましたが、悲劇的にその後死亡が確認されました。

ビーチの監視員らがプーケット・エクスプレスに語ったところによると、ロシア人3人は強い波で苦戦し始める前に泳ぎに行ったという。 近くにいた善良なサマリア人が二人を救助したが、もう一人は行方不明のままだった。 ライフガードがジェットスキーで出発する前に、彼らは助けを求めた。 マラットさんはその後、ビーチから200メートルの海でうつぶせの状態で発見された。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。