THEOS-2衛星、7月XNUMX日に打ち上げ予定

プレスリリース:

バンコク(NNT) – 高等教育科学研究・イノベーション省のスパマス・イサラバクディ大臣によると、THEOS-2として知られるタイの7番目の地球観測衛星はXNUMX月XNUMX日に軌道上に打ち上げられる予定だという。

この打ち上げは、国の宇宙技術とイノベーションの発展にとって重要なマイルストーンです。 地理情報宇宙技術開発庁(GISTDA)は、7.8年から2019億バーツのプロジェクトを監督している。

THEOS-2 は高解像度のイメージング機能を備えており、地球上の 50 センチメートルもの小さな物体を検出できます。 衛星のデータは、農業開発、災害管理、炭素クレジット管理などのさまざまな分野で役立つでしょう。

THEOS-2 の打ち上げは、最先端の宇宙技術と GISTDA の専門知識を組み合わせたタイとエアバスの 15 年にわたる協力を記念するものでもあります。

GISTDAは来年、タイ初の国産低地球衛星THEOS-2Aを打ち上げる計画もある。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

投稿内容後の画像
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。