内務省、洪水状況と災害対応を調査

プレスリリース:

タイ内務省が主導する重要な会議は、現在の洪水状況の評価と災害救済策に焦点を当てた。

このイベントには、アヌティン・チャーンヴィラクル副首相兼内務大臣、クリアン・カルプタニン副内務大臣、スティポン・ジュルジャレン内務次官のほか、さまざまな州の幹部や役人が参加した。

 

天気予報の概要と洪水状況の評価という 1 つの主要な議題が議題となった。 2 つの焦点が強調されました。XNUMX) 気象パターンの監視と洪水警報の発令。 XNUMX) プレー県、ランパーン県、スコータイ県、チャイナート県、アユタヤ県、カーラシン県、ウボンラーチャターニー県の XNUMX 県で洪水状況を追跡し、援助を提供する。

アヌティン大臣は、最近、突然の洪水がタイの北部と北東部に影響を与えているとコメントした。 首相からは、影響を受けた住民への即時介入と本格的な支援を求める指示が出された。 同氏は、政府はこのような災害に対処し、被害を食い止めることはできるが、降雨量や水位は予測できないため、単に救済を提供するだけではなく、より予防的なアプローチが必要であると付け加えた。

最後に、アヌティン大臣は、法的枠組みと州知事への委任権限を挙げて、さまざまな災害に対処するための同省の準備が整っていることを確認した。 緊急の必要がある場合、これらの知事は自分の地域を災害地域として宣言する権限を持ち、効率的な調整と管理を促進します。 同省は、こうした取り組みにおいて州当局を支援することに全力で取り組んでいる。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。