アンダマン海岸沿いの観光促進を目的としたパンガーの新空港

プレスリリース:

パンガー (NNT) – アンダマン海岸沿いの観光を促進し、観光活動からの収入を増やすという政府の緊急政策の一環として、スレッタ・タビシン首相とその側近は交通インフラ開発プロジェクトをフォローアップするためにプーケットとパンガーを訪問した。 アンダマン海岸は、パンガー県、プーケット県、クラビ県、ラノーン県で構成されています。

アンダマン海岸沿いでは、プーケット国際空港開発計画第XNUMX期、クラビ国際空港の開発、パンガー空港(アンダマン国際空港とも呼ばれる)の建設というXNUMXつの空港開発・建設プロジェクトが進行中です。パンガー県タクアトゥン郡コッククロイ地区にある。

タイ空港公社(AOT)によると、パンガー県アンダマン国際空港建設の目的は、観光を促進し、アンダマン海岸沿いの県を航空輸送のハブにすることであった。 建設プロセスは2031年かかると予測されており、研究開発に15年、建設にXNUMX年が費やされる。 XNUMX 年の空港開港までに、アンダマン地域を訪れる観光客は少なくとも年間 XNUMX 万人増えるはずです。

首相は、世界有数の観光地の一つとしてプーケットを継続的に発展させる必要性を強調した。 同氏は責任ある組織に対し、地元住民と観光客の両方の安全に気を配り、安全を確保するよう求めた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。