タイ外務省がイスラエル情勢に関する公式最新情報を発表

記者説明会概要

9年2023月15.30日月曜日、XNUMX時XNUMX分

記者会見室、MFA、およびMFA経由のFacebookライブ

1. ジャカポン・サンマニー外務副大臣は、本日午後、自らが議長を務め、中東情勢の進展と緊急事態への準備について話し合う迅速対応センター(RRC)会議の最新情報を提供するために記者会見を行った。タイ国民の避難。 駐イスラエル・タイ大使(Amb)のパンナバ・チャンドララミャ女史らがテレビ会議を通じてRRC会議に参加し、タイ国民を支援するために在テルアビブ・タイ王国大使館(RTE)が行った状況と進捗状況に関する最新情報を提供した。

2. 概要:暴力と戦闘が続いており、負傷者と死者数が増加し、タイ人を含むさまざまな国籍の少なくとも100人が人質に取られた不安定な状況。

3. イスラエルにおけるタイ人の状況:9名が負傷、11名が人質となり、12名が死亡(イスラエル当局の確認待ち)。 イスラエル在住のタイ人学生80人は今のところ影響を受けておらず、自主帰国の登録もしていない。

4. タイ国民の避難:

4.1. Ambは、1,437人のタイ人が自主帰国に登録し、23人のタイ人がイスラエルへの残留を希望していると更新した(イスラエル現地時間本日午前09時現在)。

4.2 会議では、民間航空会社、タイ空軍が配備した航空機、避難任務に備えたタイ国際航空を含む、避難のためのあらゆる選択肢について議論した。 RTE は送還を希望するタイ国民に連絡し、送還集合場所までの安全な移動を調整します。

4.3 現在、負傷したタイ国民の多くは渡航可能であり、安全地帯に避難しているタイ国民もいる。 RTEは今週水曜日(15月11日)、まず負傷したタイ人XNUMX人をエルアル経由で本国に送還し、その後、他の負傷したタイ人や安全地帯にいる人々の送還を開始する。

5. 政府の措置

5.1 領事省は、イスラエルにいる親族との連絡や捜索を希望する家族のために、既存の 30 ホットラインに加えて 30 ホットラインを開設し、合計 60 ホットラインとなります。 さらに、領事省は、一度に5,000人に連絡できるLINEオープンチャット「イスラエル在住タイ人への支援要請」を開設するとともに、新たにFacebookページ「領事省は私たちの問題を懸念しています」と題したページを開設した。 「イスラエルのタイ人家族」をもう一つのコミュニケーションチャネルとして利用します。

5.2 外務省は今週、イスラエルにいるタイ人を保護し支援するため追加の職員を派遣する予定である一方、情報省は定期的な最新情報を提供するために、XNUMX日XNUMX回、午前と午後にXNUMX回ずつ報道機関を編成している。

5.3 近隣諸国のタイ大使は、タイ国民の可能な避難経路やその他の支援について関係当局と調整を行っている。

5.4 送還されたタイ国民がタイに到着すると、労働省、社会開発・人間の安全保障省、公衆衛生省は、送還されたタイ国民の身体的、精神的健康、その他の懸念事項を支援する用意ができています。

6. 最後に副大臣は、タイ王立政府とタイ首相はタイ国民の安全と福祉を最重要視しており、タイの関連機関がタイ国民の迅速かつ安全な送還に向けて調整していることを繰り返し述べた。

**********

情報局報道課

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。