タイ外務省、イスラエル情勢について最新情報を発表

記者説明会概要

11年2023月11.00日水曜日午前XNUMX時

記者会見室、MFA、およびMFA経由のFacebookライブ

1. 情報省長官兼MFA報道官のカンチャナ・パタラチョーク夫人は、テルアビブのタイ王国大使館(RTE)からの最新情報を受けて、中東情勢と在イスラエルのタイ人への影響に関して記者会見を行った。 )。

2. 全体的な状況

2.1 RTEは、昨日(10月XNUMX日)午後以降、さらなる攻撃と空爆があり、現在の戦争状態では双方の死者数と負傷者数が増加していると報告した。

3. タイ国民に関する統計

3.1 死者数:20名(この数字には、雇用主と現地のタイ人からの非公式報告によるとさらに2名が含まれているが、イスラエル当局からの正式な確認が待たれており、時間がかかる)。

3.2 負傷者数: 13 人 (この数字にはさらに 4 人が含まれる)

3.3 人質となったタイ国民の数: 14 名 (この数字には、イスラエル在住のタイ国民からの非公式報告に基づく追加の 3 名が含まれている)

3.4 自主帰国登録をしたタイ国民の数:昨日(10月21.00日)5,019時現在、61人のタイ国民が自主帰国登録をしており、30,000人がイスラエルに残留する意向を示している。 イスラエルには約XNUMX万人のタイ人がいる。

4. 避難計画

4.1 Ambは、イスラエルの関連当局と連携し、タイ国民の高リスク地域から安全地帯への避難を迅速化するため、イスラエル外務省(MFA)と引き続き連絡をとっている。 タイ人を含む数百人の民間人がすでに安全地帯に避難している。 彼らは当面、一時避難所に居住するか、代替雇用として農業プランテーションで働くことになる。

4.2 MFA 報道官は、タイ国民 15 人の最初のグループがエルアル経由でタイに送還され、明日(12 月 10.35 日)午前 XNUMX 時 XNUMX 分に到着すると確認した。 明日の朝はMFAでの記者会見は行われない。

4.3 日曜日(15月XNUMX日)にイスラエルからタイ国民を送還する予定のタイ空軍(RTAF)航空機。

4.4 RTEは、より多くのタイ人をイスラエルから本国に送還するために民間航空会社との調整を加速し続けており、来週水曜日の出発に向けて80席が確保されていることを確認した。 (18月XNUMX日)。

5. 政府機関からの支援

5.1 イスラエル現地時間の昨日午後、テルアビブの大使と労働駐在官は、高リスク地域から避難してきたタイ国民のグループを訪問し、彼らの精神を高揚させ、雇用継続に関する指導を提供し、自主帰国のための登録と渡航書類の作成を容易にした。 、必要なその他のサービスを提供します。 Amb氏はまた、テルアビブ近郊の病院で重傷を負ったタイ人を訪問した。 彼女は医療関係者から彼の状態に関する最新情報を受け取り、紛争で負傷したすべての人々の治療に最善を尽くすと安心させた。

5.2 毎午後、MFA は迅速対応センター (RRC) の毎日の会議を主催する。RRC は、イスラエルにいるタイ人および本国送還者を支援するタイ政府機関による即時対応の取り組みを統合し、調整するための重要なメカニズムである。 本日の RRC 会議に続いて、15.00 時に記者会見が行われます。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。