イスラエル・ハマス戦争はタイのエネルギー埋蔵量に影響を与えていない

プレスリリース:

バンコク(NNT)-タイの大手石油会社PTTによると、イスラエルとハマスの戦争はタイのエネルギー埋蔵量に影響を与えていないという。 同社は、現在のエネルギー価格の高騰は短期的な影響であり、全体の価格は戦前に比べて若干上昇する可能性が高いと述べた。

同社は、世界市場のエネルギー価格全体が戦前の価格より1バレル当たり2ドル高い水準で落ち着くと予想しているが、最近の価格高騰は短期的な心理的影響とみている。

PTTのCEOであるAuttapol Rerkpiboon氏は、長期化や波及がなければ現在の状況は心配ないと明らかにした。

PTT は、影響を受けた供給源からの燃料を代替するために、世界中の他のプロバイダーから燃料を調達することができる一方で、十分なレベルの石油とガスの埋蔵量を確保しています。

政府の電気料金引き下げ策について、オータポル氏は、PTTは発電に使用される燃料に対してタイ発電公社に課される現在の請求サイクルを延期することで政府に協力する用意があると述べた。

PTTの最高経営責任者(CEO)はまた、子会社のPTTオイル・アンド・リテール・ビジネスがマーケティング料金に関してエネルギー省と協力する用意があると述べた。 政府は現在、通常は石油の小売価格に含まれているこの販売関税を、2リットルあたり最大XNUMXバーツに制限することを検討している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。