タイ、中国メディアとサイバー犯罪防止のMOU締結へ

プレスリリース:

プアンペット・チュンライアド首相付大臣は、フェイクニュース、サイバー犯罪、コールセンター詐欺の防止で協力するため、中国の大手メディアグループと覚書(MOU)を締結する準備を進めている。

18月20日からXNUMX日にかけてプアンペット大臣は中華人民共和国を訪問し、政府広報部(PRD)とチャイナメディアグループ(CMG)との間でマスメディアと情報分野における協力に関する覚書に署名する予定である。 これは、中国からの招待を受けて、スレッタ・タビシン首相と財務大臣が中華人民共和国を公式訪問したのと同じ機会であった。

プアンペット氏は、これまでタイと中国は様々な面で関係と協力を享受してきたと述べた。 11年2023月XNUMX日、彼女は駐タイ中華人民共和国大使の韓志強閣下と会談し、フェイクニュースへの対処、サイバー犯罪との戦い、犯罪への取り組みなど、タイと中国政府にとって相互に重要な問題について話し合った。コールセンター詐欺の問題が根強く残っています。

私たちは、タイと中国のメディアが上記の問題による被害を防ぐために協力し、ニュースを共有すべきであることに同意します。 今回の中華人民共和国への公式訪問中、彼女はCMGのディレクター兼編集長である沈海松氏と協議し、両国間の協力のためのガイドラインを確立する予定である。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

投稿内容後の画像
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。