プーケットの観光業は好調だがイスラエル人観光客は減少、プーケットの企業は深夜営業の閉店を支援

プーケット-

プーケット観光協会の会長は、プーケットは約370か月で観光業からXNUMX億バーツを生み出したと述べた。

プーケット観光協会会長のサネット・タンティピリヤ氏はタイメディアに対し、「過去370か月でプーケットは約40億バーツを生み出した。 新型コロナウイルス感染症以前の2019年と比較すると、観光客の数は前年比19%増加している。」

「これからのハイシーズン中、ホテルの客室の約80パーセント、特にビーチ近くのホテルが予約されています。 現在のベジタリアン フェスティバル期間中の観光地の占有率は約 67 ~ 74 パーセントです。」 サネット氏は付け加えた。

「さらに、プーケット・サンドボックス(新型コロナウイルス感染症対策中の観光客隔離プログラムで、イスラエルは最初に主要参加国の一つとなった)時代から、イスラエルからプーケットへの直行便が多数運航されている。 しかし、ハマスとの戦争勃発後、イスラエル人観光客の数は約40パーセント減少した。」 サネット氏は説明した。

サネット氏はまた、プーケットの観光協会はナイトライフ会場の法定閉店時間を午前4時とすることを支持しているが、娯楽ゾーンと住宅地のバランスを取り、人々の睡眠や仕事を妨げないようゾーニングを見直し、適切に適用する必要があると強調した。

サネット氏は、プーケットは誰にとっても観光地であり、実際にはどちらのグループもプーケットを楽しんでいたものの、ライフスタイルや背景が大きく異なっていたにもかかわらず、「家族向け」旅行者だけに焦点を当てようとしたり、「パーティー」旅行者だけに焦点を当てようとした過去の間違いがあったと述べた。 プーケットは、両者の間に摩擦を引き起こすことなく、両方の観光グループに適応できる必要がありました。 これはプーケット、企業、観光客にとって最大の利益となるだろうとサネット氏は結論づけた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。