プーケット空港、ターミナルの不快な高温に関する声明を発表

プーケット-

多くの人々から苦情が寄せられていたため、プーケット国際空港はターミナル内の高温について釈明した。

今週、空港国際線ターミナル内の高温について、最近多くの人がソーシャルメディア上で苦情を述べている。

木曜日(19月XNUMX日)th)プーケット国際空港は説明を発表した。 「この問題を受けて、空港内には冷却装置(コンプレッサー)が2台あり、そのうち1台が故障していた。 これにより、温度が上昇しました。 機械内の冷媒も漏れていました。」

「空港は直ちに空調会社に問題を報告し、問題を解決してもらいました。 機械が修理されている間、90 台の移動式エアコンがターミナル内に設置されました。」

「メインの空調機は木曜の夜(19月XNUMX日)までに完全に直る予定です」th)。 ご不便をおかけして申し訳ございません。"

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。