クラビでゴミに引っかかったウミガメが海に戻される

クラビ–

クラビのランタ島でゴミにはまって負傷したウミガメが、治療を終えてトランの海に戻された。

海洋沿岸資源局(DMCR)は水曜日(18月XNUMX日)、プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らは以前に負傷したヒメウミガメを海に戻しました。 このウミガメはXNUMXか月前にサラダン地区のクロンダオビーチで生きているのが発見された。

長さ20センチ、幅28センチ、重さは1.6キロ。 最初に発見されたとき、泳ぐのに苦労していたカメの周囲にはゴミが発見され、カメには感染した傷があった。

カメはXNUMXヶ月間の治療を受けて回復した。 トランの海に戻される前に、ウミガメには追跡用のマイクロチップが取り付けられていた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。