タイ首相、イスラエル在住のタイ人労働者全員の退避を要請

タイ -

タイのスレッタ・タビシン首相は、航空便を増やして今月末(2023年XNUMX月)までに帰国を希望するイスラエル在住のタイ人労働者全員を退避させるよう呼び掛けた。

スレッタ首相は今週初め、外務省の迅速対応センター(RRC)でのイスラエル危機に関する会議に参加した。

スレッタ首相は、「イスラエルにおけるタイ人の死者数は少なくとも28人、16人が負傷し、17人が人質に取られている」と述べた。 現在足止めされている200日あたり400人からXNUMX人のタイ人を避難させる必要があります。 現在、避難状況は良好ではなく、できるだけ早く避難する必要があります。」

「今月中に、32人のタイ人を巡って、さまざまな航空会社から5,700回の試合が行われる予定だ。 しかし、帰国を希望するタイ人は7,000人以上おり、まだ十分ではない。 その数は日に日に増加しており、現地にいるタイ人も撤退を望んでいる。」

「実質的にホームレスまたは避難民となったタイ人約400人が、イスラエルのタイ大使館の避難所に滞在できるが、これはかなりの数だ。 しかし、避難のための飛行機だけでは十分ではありません。 現在、避難するにはXNUMXつの方法があり、XNUMXつはイスラエルからタイへの直行便、もうXNUMXつは他の便でアラブ首長国連邦、ヨルダン、キプロスに立ち寄ってからタイへの他の便に移動することです。」 スレッタ氏は結論付けた。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。