調査によると、ほとんどのタイ人はナイトライフビジネスの閉店時間を遅くすることに反対している

全国 -

最近のニダ・ポール調査の結果によると、ほとんどのタイ国民は、夜の街の閉店時間を午前2時から午前4時まで延長するという政府の考えに反対している。

この調査は、Nida Pollとして知られる国立開発行政研究所が実施し、17月19日から1,310日まで実施された。 この調査結果は、さまざまなレベルの教育、職業、収入を持つ20歳以上のタイ人XNUMX人への電話インタビューに基づいたものである。

この調査は、タイ人の意見を収集することを目的としていました。 内務省の計画 経済を刺激する目的で、娯楽施設の法定閉店時間をさらに4時間延長し、午前XNUMX時までの営業を許可する。

22月41.76日に発表されたこの調査では、回答者1,310人のうち約2%が、夜遅くにはならないため、ナイトライフ会場は既存の午前23.66時の閉店時間を遵守すべきだと考えていることが明らかになった。 逆に、観光客に人気のエリアに限り、午前4時までの営業を許可すべきだと答えたのはXNUMX%のみだった。

さらに、8.32% が会場は午前 2 時までに閉まるべきだと提案し、4.35% が タイには夜間の娯楽施設が存在すべきではないと述べた。 一方、17.56%は、娯楽施設の閉店時間を全国で午前4時にすべきだと回答した。

しかし、回答者のうち、わずかに過半数の 55.65% がナイトスポットに行ったことはないと述べ、残りは過去に行ったことがあると回答しました。

過去 57.66 か月間でナイトスポットを訪れた頻度については、ナイトスポットを訪れた人の 33.22% が、過去 4.13 年間はまったく行っていないと回答しました。 一方、2.58%は時々行く、2.07%は月に0.34回行く、XNUMX%は週にXNUMX回行く、XNUMX%は週にXNUMX〜XNUMX日頻繁に行く、XNUMX%は毎日行くと答えた。

景気低迷下でナイトスポットの営業時間を延長すれば観光収入が増えると思うか尋ねたところ、回答者全体の54.43%が疑問を表明し、44.27%がそう思うと回答した。 残りの 1.30% は意見がないか、興味がありませんでした。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。