タイ内閣がバー営業時間の延長を承認、正式な期間とエリアは明日発表される

全国 -

タイ内閣は娯楽施設の営業時間延長を原則承認したと首相府のカロム・ポンフォンクラン副報道官が24月XNUMX日火曜日に発表した。

ただし、正式な期間と発効地域については、明日25月2日に会議が予定されている内務省による最終決定を待っている。 現在の提案は閉店時間を2時間延長し、当初の午前4時から午前XNUMX時に変更するというものだ。 新たな運行時間はパタヤやプーケットなど観光客に人気の地域に適用されるとみられる。

多くの読者や観光客にとって非常に重要なこの記事に関する最新情報については、TPN メディアにご注目ください。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。