タイでは来週から冬が始まり、前年より寒さは和らぐ

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 気象庁は来週初めに冬の到来を宣言する予定ですが、これは通常のスケジュールより約 XNUMX 週間遅れです。 この遅れは、弱く冷たい風が続いていることと、予想される気温の穏やかな傾向によるものです。

タイ気象局気象観測部長ソムクアン・トンジャン氏は、冷たい風が弱まるため、タイ北部では雨が続くだろうが、バンコクでは東から南東の風が強まり、強風が吹くと予想されると述べた。湿度レベル。

今週は、適度に冷たい風が北部地域を包み込み、北東部の気温が低くなるでしょう。 地域によっては、徐々に雨が弱まる前に雨が降る可能性があります。 気象庁は来週初めに冬の到来を正式に発表する見通しだ。

タイでは最低気温が23度を下回ると冬の到来と言われます。 ソムクアン氏は、スタートが遅れたこととは別に、今年の冬は例年に比べて寒さが比較的少ないだろうと述べた。 最も寒い時期は21月上旬から22月下旬で、平均気温はXNUMX度からXNUMX度になると予想されます。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。