プーケットのホテルで米国人、首を切られた状態で遺体で発見、捜査継続

プーケット-

タラーンのホテルの一室で35歳のアメリカ人男性が首を切られて死亡しているのが発見され、原因について捜査が進められている。

チェルン・タレー警察は、月曜日(30月35日)、チェルン・タレーのホテルのスタッフから遺体の通報を受けた。 彼らは現場に到着し、XNUMX歳のアメリカ人男性の遺体を発見した(プーケット・エクスプレスは大使館と家族への通知を待って男性の名前を公表していない)。 上半身裸で発見され、首にはXNUMXつの切り傷があった。 警察は、男性は遺体が発見される少なくともXNUMX日前に死亡したと考えている。

ホテルの監視カメラの映像によると、男性が最後に部屋に入室したのが目撃されたのは26日前のXNUMX月XNUMX日だったth。 家の管理人は部屋から異臭が漂っていることに気づきました。 ホテルスタッフが鍵を開けて部屋に入ったところ、遺体が発見された。 ホテルの名前は彼らの要望により伏せられました。

彼の遺体は正確な死因を調べるためにヴァシラ・プーケット病院に運ばれた。

あなたまたはあなたが知っている誰かが落ち込んでいると感じている場合は、助けを求めてください。 パタヤニュースは、ここで到達できるタイのサマリア人を示唆しています:

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。