今週はタイ上部と南部で大雨が予想されています

全国 -

タイ気象局は、今週再び豪雨と気温の低下が予想され、タイの上部と南部地域に警報を発令した。

タイ上部では、4年10月2023日からXNUMX日にかけて中国からの寒気団がこの地域を覆い、雷雨に続いて気温が若干低下し、午前中に霧が発生すると予想されています。 一般の人々には、霧の多い地域を旅行する際には注意することが推奨されます。

一方、南部地域では雨量が増加し、一部で大雨となる見込みです。 これらの大雨は、特に丘陵地帯、水路の近く、低地で突然の洪水や鉄砲水につながる可能性があります。

タイ湾やアンダマン海でも高さ1~2メートルの波が予想されています。 住民の皆様には、必要な予防策を講じ、旅行の際は十分に注意していただくようお願いいたします。

バンコクとその周辺地域では、4月6日から10日にかけて朝霧が発生し、地域の30~20%が雷雨となる見込みです。 その後、40月7日から10日にかけて、首都圏の約XNUMX~XNUMX%が雷雨に見舞われる見込みです。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。