政府、ミャンマー紛争地帯からタイ人の避難を急ぐ

プレスリリース:

バンコク(NNT) – 外務省は、ミャンマーのラウカイン地域で激化する紛争に対応して、タイ国民を避難させる取り組みを強化している。 現在ミャンマーにいる293人に対する救済策を調整するための会議が最近開催された。

同省によると、足止め者のうち164人がミャンマー当局の保護下にあり、18人が娯楽施設で働いており、32人が雇用主から解放され避難を待っているという。 しかし、53人のタイ人が雇用主から釈放されず、26人が連絡が取れずにいるなど、課題は依然として続いている。

最近ラウカインで解放されたタイ人41人は現在、ワ州連合軍の保護下にある。 ヤンゴンのタイ大使館は現在、彼らの安全な帰還を確保するために取り組んでおり、安全な避難ルートを模索している。

これらの住民の避難場所近くで爆弾が爆発したことを受けて、状況の緊急性はさらに高まった。 努力にもかかわらず、ミャンマー当局が提起した安全上の懸念のため、大使館はこの地域に立ち入ることができていない。 大使館は現在、本国送還を待つ人々の渡航書類の発行を容易にするため、ビデオ通話による国籍確認を実施している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。