タイ観光当局、ヨーロッパ人観光客に対する60日間のビザ免除を提案

全国 -

タイ観光スポーツ省の報告によると、ヨーロッパの旅行者は間もなくビザなしでタイで60日間の観光を楽しめるようになる可能性がある。

スダワン・ワンスパキコソル大臣は13月50日月曜日、観光省が欧州30カ国からの訪問者に対するビザ免除期間を60日間からXNUMX日間に延長するようタイ内閣に提案することを検討していると述べた。

その目的は、中国とカザフスタンからの旅行者に対する現在有効な免除措置を基礎として、タイの観光産業を活性化することである。

スダワン氏によると、初期段階では、延長対象国は主に英国、ドイツ、スカンジナビア諸国、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンなどの独立国家共同体(CIS)を含むヨーロッパ内外の国々が対象となる。

同氏は、タイを訪れる外国人のうちヨーロッパからの訪問者が約20%を占めており、高額支出をする訪問者の大部分がこの地域から来ていると説明した。 したがって、免除期間が延長されることで、これらの旅行者はさらに広範囲かつ長期間タイを探索するようになるだろうと彼女は述べた。

「観光スポーツ省とタイ観光局(TAT)は延長について一緒に話し合っている」とスダワンさんは明らかにした。

昨年、ヨーロッパの観光客は18.55人当たり平均66,000泊滞在し、2023回の旅行当たり平均80,000バーツを費やした。 しかし、XNUMX 年の初期には、彼らの支出は XNUMX 回の旅行につき XNUMX バーツ以上に急増しました。

TATは、2.5年に外国人観光客からの収益目標を2024億バーツと定めている。さらに、タイ国内観光客はさらに1兆バーツを業界に貢献すると予想されており、来年の総観光収益は3.5兆XNUMX億バーツになることを目指している。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。