サムイ島で酒に酔って滞在中のドイツ人男がバイク盗んで逮捕

写真:MGRオンライン

サムイ島、スラタニ –

サムイ島で酒に酔ってオーバーステイしていた23歳のドイツ人男性が地元住民からバイクを盗んだとして逮捕された。

サムイ入国管理局はプーケットエクスプレスに対し、今週初め、チャウエンビーチ近くのホテル近くにいた23歳のドイツ人男性を逮捕したと語った。 34日間のオーバーステイが判明した。 ドイツ人男性も酒に酔っていた。

サムイ入国管理局によると、ドイツ人男性は酒に酔って地元住民からバイクを盗み、チャウエンビーチ近くに放置した。 バイクの所有者が盗難を通報し、警察はCCTVを通じて簡単に跡を追跡し、ビーチ近くで容疑者を発見し、若いドイツ人男性は国外退去のためボプット警察署に連行された。

サムイ入国管理局はプーケットエクスプレスに対し、このドイツ人は以前にも公共迷惑行為を起こしたとして逮捕されていたと語った。 前回の事件の際、彼は観光ビザを持っていたため、お金を使い果たし、泊まる場所もなく、その結果、他の地元住民に迷惑をかけていた。

容疑者がその前の事件の後になぜ釈放されたのかは不明だが、その状況では彼はオーバーステイではなかった。 サムイ入国管理局は男性の名前を公表しなかったが、ブラックリストに登録され国外追放されると述べた。 また、彼が国外退去手続きの前にバイクの盗難で刑事告訴されるのか、あるいはタイが単に彼を国外追放することを選択するのかも明らかではなかった。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。