パンガーでサルに襲われ生後XNUMXか月の赤ちゃんが重傷

パンガー–

ムアンパンガーで生後XNUMXか月の赤ちゃんが猿に襲われ重傷を負った。

パンイー島地区バーン・コー・マイパイの地元住民、ジラポン・ガロンさん(37歳)はプーケット・エクスプレスに対し、両親がプーケットで働いているため、生後XNUMXか月の甥っ子が親戚に面倒を見てもらっていると語った。

赤ちゃんが家の中でミルクを飲んでいたとき、親戚がトイレに行ったときにマカクザルが赤ちゃんを襲った。 その後、ジラフォンさんは家に入ってきて、サルを追い払いました。 彼らは、サルが赤ちゃんから牛乳瓶を奪おうとしていたと考えている。

サルは赤ちゃんの頭を噛みました。 赤ちゃんは重傷を負ったため、近くの病院に緊急搬送された後、プーケットのヴァチラ病院に搬送された。 赤ちゃんは頭部の手術を終えて現在は回復中だという。

猿は事件後に逃走したが、当局が猿の捕獲を計画していたのか、あるいはどの猿が具体的に子供を襲ったのか特定するつもりだったのかはすぐには明らかではなかった。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。