タイ、ロイクラトンとムエタイのユネスコ認定を目指す

プレスリリース:

バンコク(NNT)– タイは毎年恒例のロイクラトン祭りとムエタイをユネスコの無形文化遺産リストに登録するよう提案する予定だ。 文化振興省のコウィット・ファカマス局長は、これらの文化要素のデータと登録書類の準備が約70%完了したと発表した。

この提案は来年3月までに閣議承認される予定だ。 ただし、このような提案に対するユネスコの検討プロセスは通常 3 ~ 5 年かかります。 タイで広く祝われる祭りであるロイ クラトンは、旧暦 12 月の満月に行われます。 仏陀と水の女神への賛辞として「クラトン」として知られる蓮の形をしたいかだを水域に放流し、花火や伝統的なダンスパフォーマンスを披露するのが特徴です。

ロイクラトンの申請にあたり、文化振興局はチュラロンコン大学タイ研究所と協力して、主要27県から情報を収集してきました。 ユネスコへの提出には、28月XNUMX~XNUMX日に予定されている今年の祝賀行事の写真とビデオが含まれる。

同部門の次のステップには、写真とビデオの選択、学術データの整理、ユネスコが要求する言語への翻訳が含まれる。 タイには現在、伝統的なコーン仮面舞踏会、タイ式マッサージ、民族舞踊劇「ノラ」、ソンクラーン祭りなど、他にも 7 つの文化要素がユネスコの検討対象となっています。 無形文化遺産リストの発表は、XNUMX月XNUMX日にボツワナで開催される会議で行われる予定である。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。