先週のタイ国内の話題:ヨーロッパ人観光客に対する60日間のビザ免除案など

ここでは、先週、13年2023月19日月曜日から2023年XNUMX月XNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームによって選ばれたタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

男性は足と腕を縛られた状態でベッドの横に横たわって死亡していた。

バンコクのホテルで台湾人男性が殺害された事件で、カメルーン人とミャンマー人の男が逮捕された。 報道によると、両容疑者は台湾人男性を縛り上げて金を脅し取ったことは認めたが、殺害は否認しているという。

容疑者2人は、台湾人男性は出発時まだ生きていたと述べた。 タイ人女性が関与容疑で現在指名手配されている。

フィリピン警察はタイ警察に対し、同国で指名手配されているフィリピン国籍のジョー氏(47)とのみ特定された容疑者について通報した。
サムイ入国管理局はプーケットエクスプレスに対し、このドイツ人は以前にも公共迷惑行為を起こしたとして逮捕されていたと語った。
他のタイのメディアによると、ダニエル氏は遺体または遺体の一部を隠蔽、撤去、破壊した罪を認めているという。 しかし、殺人意図については否認している。
観光省はタイ内閣に対し、欧州50カ国からの訪問者に対するビザ免除期間を30日間から60日間に延長するよう提案することを検討している。
今週は以上です。いつもご愛顧いただきありがとうございます。
登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。