スウェーデン、関係強化のためプーケットに総領事館を開設

プレスリリース:

プーケット (NNT) – スウェーデンはプーケット県に名誉総領事館を開設し、タイとの外交関係を強化した。 この取り組みは、今年110,000万人に達するスウェーデン人観光客の増加に対応するもので、貿易、投資、観光における関係強化を目的としている。

プーケット副知事アムヌアイ・ピンスワンと駐タイ・スウェーデン大使アンナ・ハマルグレンが出席したオープニングは、より緊密な関係を促進するという決意を示している。 このイベントには地方自治体や観光機関の代表者が集まり、世界中の観光客や長期滞在する400人以上のスウェーデン人に人気の目的地である南部州の戦略的重要性が強調された。

総領事館の設置は、プーケットのスウェーデン人コミュニティへの支援を改善し、両国間の二国間関係を強化するための重要な一歩とみなされており、これはプーケット州行政機構と名誉領事との毎月の会合によって強調されている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。