シャロンの神社から彫像を盗んだ18歳男を逮捕

チャロン–

シャロンにある中国の寺院から宗教的な彫像18体を盗んだXNUMX歳の男が逮捕された。

シャロン警察はプーケットエクスプレスに対し、シャロンにあるXNUMXつの中国寺院の代表者が今週初めに警察に報告書を提出したと語った。 彼らは監視カメラの映像証拠とともに警察に報告書を提出した。 CCTVによると、XNUMX代の男性が中国の神社XNUMXか所から中国の宗教像XNUMX体と仏像XNUMX体を盗んだ。 彼は学生服を着ており、その上にジャケットを着ていました。

警察はその後、カトゥーで18歳の男性容疑者を逮捕した。 少年は警察に対し、像を質屋に質入れし、過去の借金を支払うために金が必要だったと供述した。 XNUMX 体の宗教的な彫像はすべて、後に中国の XNUMX つの神社に返還されました。

彼の父親はすでに中国の両神社の代表者らと話し、謝罪しているため、この少年が何らかの罪に問われるかどうかは不明である。

容疑者の名前は報道陣には公表されていない。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。