タイ外務省の公式声明:タイ人人質第一陣12名を解放

全国-

タイ外務省は24月12日、タイ人人質第XNUMX陣XNUMX人の解放について祝意を発表した。

タイ外務省の声明は以下の通り。

タイ外務省は、テルアビブのタイ王国大使館から、人質に取られていたタイ人12人が解放され、ラファ国境検問所を通ってイスラエルに入国したとの通知を受けた。 それらはハッツェリム空軍基地の処理ポイントに輸送されています。 現時点では、これらのタイ人の性別と名前は不明です。

12人のタイ人はシャミール医療センター(アサフ・ハロフェ)に搬送され、大使館職員が出迎えを受ける予定だ。 彼らは部外者の立ち入りを禁止され、48時間医師の監督下に置かれる必要がある。

タイ外務省としては、タイ国民12名とそのご家族に心よりお祝いを申し上げるとともに、速やかな帰国に向けて全力を尽くしてまいります。

タイ王国政府は、これら最初の人質の解放を確保するために支援を求めたすべての人々、すなわちカタール、イスラエル、エジプト、イラン、マレーシア、およびICRCの政府に感謝の意を表します。 残っている人質全員が処理され、できるだけ早い機会に安全に解放されることを心から願っています。

この公式声明はタイ外務省からのものです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。