タイ副首相兼外務大臣が解放された人質グループを帰国させるためイスラエルを訪問する予定

プレスリリース:

28年29月2023日から17日にかけて、タイ副首相兼外務大臣のパーンプリー・バヒッダ=ヌカラ閣下がイスラエルを訪問し、解放されたタイ人人質30名を訪問し、2023年12.05月XNUMX日XNUMX時XNUMX分に彼らを帰国させる予定である。時間

この機会に、副首相および外務大臣は、負傷して現在も病院に入院しているタイ人3名も訪問する予定です。 同氏はまた、ICRCやイスラエルのタイ人労働者・タイ人コミュニティの代表とも会談するほか、テルアビブのタイ王国大使館を訪問し、困難な状況下でタイ国民に提供された努力と支援に対して大使館職員やその他の関係機関に感謝する予定だ。時間。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。