プーケット観光警察、ツアーブースで不法就労していたロシア人を捜査

プーケット-

プーケット観光警察は、ロシア人がツアーパッケージを違法に販売している疑いがあるとの通報を受け、パトンのツアーブースを立ち入り検査した。

プーケット観光警察はプーケットエクスプレスに対し、先週末、プーケット観光警察とプーケット観光支援センター(TAC)がパンムアンサイコル通りのホテル前にあるツアーブースを検査したと語った。

この検査は、プーケット観光警察が、ロシア人がツアーブースでツアーパッケージを違法に販売している疑いがあるとの通報を受けたことを受けて行われた。 しかし、警察はツアーブースでツアーパッケージを販売する外国人を発見しなかったが、問題のブースを監視すると述べた。

関連記事:

プーケット入国管理局は、ロシア人が不法就労している疑いがあるとの通報を受け、プーケットの企業を検査した。

プーケット入国管理局は、プーケットのムアンにあるレンタカー店を立ち入り検査した。この店は完全にロシア人が所有しており、タイ人は一切関与しておらず、不法にロシア人スタッフを雇用している疑いがあるとの通報を受けた。

プーケット入国管理局は、ロシア人がツアーパッケージを違法に販売している疑いがあるとの通報を受け、カタのツアーブースを検査した。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。