タイ海軍、ソンクラーでボートに乗っていた21人を救出

ソンクラー–

ソンクラーでボートのエンジンが故障し、タイ海軍は外国人3人を含む21人を救助した。

タイ王国海軍第二方面軍が月曜日(27月XNUMX日)に発表した。th)午前10時10分、科学調査を行っていた遭難船から、船には合計21人が乗っていて、そのうち15人がボート乗組員、教師XNUMX人、ソンクラーの大学水産学部の学生XNUMX人であるとの通知を受けた。身元不明の外国人3人。

ボートはもともと23月XNUMX日にソンクラーの桟橋から出発したrd。 彼らは海中で土壌層調査装置をテストしていたところ、ボートのエンジンが故障し、船長が船の制御を取り戻すことができなくなった。

ボートに乗っていた人は全員、8月00日月曜日午後27時に無事に陸地に帰還しました。 ボートはその後、船を管理していた会社によって陸地に引き戻された。

この事件は本記事の時点で関連機関によって調査中であると伝えられている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。