タイと中国の会談、観光業への映画の悪影響に対処

プレスリリース:

バンコク(NNT) – タイと中国の当局者は最近、タイを否定的に描いた中国映画に起因する懸念に対処するために会合し、中国人観光客の間で不安を引き起こした。

首相府付のプアンペット・チュンライアド大臣は、会談中に中国大使のハン・ジ強に対し、「ノー・モア・ベット」というタイトルの映画は、人身売買、臓器売買、コールセンター詐欺、恐喝ギャングなどの違法行為を行っているタイを誤って描写しており、タイに影響を与える可能性があると伝えた。中国人観光客の安全に対する認識。

プアンペット大臣は、この映画はタイで撮影されたものではないが、一部のシーンでタイ語が使用されており、中国のソーシャルメディアプラットフォーム微博で誤解を招いていると明らかにした。 会合の目的は、映画の不正確さについて中国国民を安心させるとともに、観光客に対するタイの厳格な安全対策を強調することであった。

タイ政府はまた、中国との緊密なコミュニケーションの重要性を強調し、誤報の防止と二国間関係の強化に向けたタイ広報省と中国メディアグループ(CMG)の協力についても話し合った。

韓志強大使は前向きな反応を示し、タイが依然として中国人観光客にとって人気の目的地であることを保証し、今回の事件が彼らの信頼に影響を与えるものではないと自信を表明した。 同氏はまた、来たる旧正月祭りが両国間の旅行関係を強化する機会であると強調した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。