タイ、英語力向上に注力

プレスリリース:

タイは、バンコクのさまざまな学校が主催するバーチャル英語教室などの最近の取り組みに見られるように、英語力の向上に積極的に取り組んでいます。 こうした努力にも関わらず、8 年の英語能力指数では依然として ASEAN 地域で 101 位、世界では 2023 位にランクされています。

 

EF Education Firstのレポートによると、2.2か国の成人113万人の英語能力を評価したこの指数では、タイは416点で「非常に低い」英語能力のカテゴリーに位置している。これにより、この国はカンボジアのすぐ後ろに位置している。しかし、このランキングはタイにおける英語教育の成長の可能性と機会を浮き彫りにしています。

 

比較すると、シンガポールは ASEAN 地域をリードし、「非常に高い」技能スコア 2 で世界第 631 位です。フィリピンとマレーシアも優れた英語スキルを示し、それぞれ ASEAN で 2 位と 3 位、世界では 20 位と 25 位にランクされています。 「高い」熟練度として。 ベトナムとインドネシアはタイよりも上であり、それぞれ「中程度」と「低」の熟練度レベルに位置しています。

英語能力指数におけるタイの現在のランキングは、発展の余地がある分野であることを示しています。 当局は継続的な教育取り組みにより、この国の世界的な言語能力の地位が将来的に向上することを期待している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。