タイ人人質のXNUMX度目とXNUMX度目の解放に対する祝意の声明

外務省プレスリリース

外務省は、テルアビブのタイ王国大使館が、6年28月4日(29回目の釈放)と5日(2023回目の釈放)(イスラエル現地時間)にタイ国民XNUMX名が釈放されたことを確認したことをメディアに伝えたいと思います。

彼らは現在、指定されたシャミール医療センターに入院し、必要な健康診断を受ける予定ですが、タイ王国大使館のスタッフが家族と連絡を取るために待機しています。

これにより解放されたタイ人人質の総数は23人となり、9人がまだ拘束されたままとなっている。

外務省は、最近釈放された人質とその家族を心から祝福するとともに、今回の解放に向けた努力に携わったすべての関係者に感謝します。

残りの9人のタイ人人質については、タイ王国政府は引き続き、早期の安全な解放に向けて全力を尽くしていくとともに、既に解放された人たちについては、事前検査を終えてできるだけ早くタイに帰国させる準備を進めている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。