干潮時にトランのビーチ近くで立ち往生したジュゴンが救出される

トラン–

リボン島の干潮時に海岸近くで動けなくなったジュゴンが発見され、救出された。

沿岸資源局(DMCR)はプーケットエクスプレスに対し、今週初めに動物ボランティア団体からリボン島の海岸から約500メートルの場所で生きたジュゴンを発見したとの連絡を受けたと語った。

彼らは座礁したジュゴンを見つけるために到着しましたが、幸いなことにジュゴンに傷は見つかりませんでした。 その後、ジュゴンが海岸近くの海草を見つけたため、干潮までに海に戻ることができなかったと考えたボランティアによって、ジュゴンは海に引き戻された。

座礁事件のXNUMX日後、DMCR当局はドローンでジュゴンを追跡した。 彼らは、海草を食べている健康なジュゴンを発見しました。これは、彼らが保護したのと同じジュゴンであると考えられています。

プーケット・エクスプレスは、ジュゴンがタイの予約動物の一つであると述べている それはほぼ絶滅しています。 トランには海草がたくさんあるため、ジュゴンがたくさん生息しています。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。