モバイルアプリのタクシー運転手が、チャーン・タレーのビーチクラブで乗客を乗せている最中に襲われる

タラン–

警察の発表によると、モバイルアプリを使ったタクシーの運転手が、チャーンタレーのビーチクラブで乗客を乗せていたところ、数人の男に襲われ負傷した。

チェルン・タレー警察は日曜日(3月XNUMX日)、プーケット・エクスプレスに次のように語った。rd)土曜日(2月XNUMX日)nd)Aさん(仮名)25歳が関係警察に被害届を提出した。 彼は警察に対し、自分は合法的な免許を持ったタクシー運転手であり、乗客が合法的なモバイルアプリケーションを通じてビーチクラブまで迎えに来てほしいと電話をかけてきたと話した。

Aさんはビーチクラブに到着すると、身元不明の男がどのタクシーアプリを使ったか尋ねた。 その後、男性はビーチクラブの外の道路で乗客を待つよう求めた。 その後、Aさんはビーチクラブの外で乗客にタクシーに乗るよう電話した。

突然、Aさんのタクシーに後ろから何かが衝突しました。 その後、Aさんは警察に対し、木の棒を持った見知らぬ男XNUMX人がタクシーに向かって歩いてくるのを見た、と供述した。 その後、タクシーから降りると、男2人はAさんに「わかったか?」と話しかけたという。 彼を叩いて殴る前に。 一方、別の男はAさんの背中を木の棒でXNUMX回殴り、タクシーに押​​し戻したという。

その後、Aさんはプーケットの病院に行ったところ、肋骨と肺を負傷していることが判明した。 彼は現在、身の安全が心配されているため、故郷トランの病院で治療を受けている。

チャーン・タレー警察は報告書を精査しており、潜在的な容疑者を特定して事情聴取するためさらなる捜査を実施し、正当な場合には法的告発を行うと述べた。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。