シャロンでウクライナ人男性を襲い金を恐喝された疑い

チャロン–

プーケット観光警察によると、先週シャロンでウクライナ人男性が襲われ、金を恐喝されたとされる。

プーケット観光警察は木曜日(30月XNUMX日)プーケットエクスプレスに語った。th)身元不明のウクライナ人男性が助けを求めてやって来たとのこと。 彼はプーケット観光警察に対し、シャロンで知人グループに襲われ、現金21,000万XNUMXバーツを脅し取られたと語った。

彼は、この状況によって自分と家族が危険にさらされるのではないかと心配しています。 プーケット観光警察は彼をシャロン警察署に連行し、公式報告書を提出した。

プーケット・エクスプレスは、プーケット観光警察はウクライナ人男性に関する詳細や、彼と家族の安全のための状況の詳細を明らかにしなかったと指摘した。

報道時点では、この状況はプーケットの関連警察によってまだ捜査中であると伝えられている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。