タラーンラグーンで少年XNUMX人が溺死から救出、XNUMX人は未だ行方不明

タラン–

スリ・スーントーンのラグーンで、少年XNUMX人が溺れているところから救出されたが、もうXNUMX人の少年が依然として行方不明となっている。

緊急対応者は火曜日(1月40日)午後5時XNUMX分に事件の通知を受けました。th)バンマルアン村のラグーンにて。

初期対応者が現場に到着すると、地元住民によって水中から引き上げられたミャンマー人の少年を発見した。 彼は近くの病院に救急搬送され、回復する見込みだという。

本稿執筆時点でタイ人の少年がラグーンで行方不明となっている。 現場に出動した救助ダイバーらが行方不明の少年を捜索している。 伝えられるところによれば、10人の少年の年齢はおよそ12〜XNUMX歳だという。

彼らの名前は年齢のため伏せられており、ラグーンにいた経緯もタイの報道機関には公表されなかった。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。