タイ入国管理局、パトンの理髪店で働いていた疑いの不法外国人を捜査

パトン–

プーケット入国管理局は、パトンにある理髪店に外国人が不法就労している疑いがあるとの通報を受け、同市を査察した。

プーケット入国管理局は水曜日(6月XNUMX日)プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らとプーケット雇用局の職員はソイセンサバイの理髪店を視察した。 この検査は、プーケットの入国管理局が、この理髪店で不法に働いているとされる外国人がいるとの通報を、オンラインを通じて関係国民から受けて行われた。

彼らが理髪店に到着すると、客のために髪を切っていた二人のタイ人を見つけた。 外国人は働いていなかった。

理髪店のスタッフらは警察官に対し、オンラインで受け取った写真は古い写真だと話した。 以前、その理髪店で外国人が働いていたことを彼らは認めた。 しかし、その外国人は不法就労で逮捕された。

理髪店は改装され、昔の写真とは違った雰囲気になりました。 現在、この理髪店にはタイ人労働者が2人だけで、外国人は働いていないという。

プーケット・エクスプレスは、美容師はタイでは保護されている職業であり、外国人はこの仕事には労働許可証やビザを取得できないと指摘している。

関連記事:

パトンでは、タイ人のみが保護されている職業である外国人客に理髪サービスを提供していたことが判明し、ヨルダン人の男が逮捕された。

パトンの理髪店でエジプト人男性とタイ人オーナー女性が逮捕された。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。