更新:タラーンラグーンで行方不明の少年の遺体が発見

タラン–

行方不明の少年の遺体は、XNUMX時間の捜索の末、スリ・スーントーンのラグーンで発見された。

私たちの前の話:

スリ・スーントーンのラグーンで、少年XNUMX人が溺れているところから救出されたが、もうXNUMX人の少年が依然として行方不明となっている。

さて、アップデートのために:

タラーン警察は、火曜日の夜(9月05日)午後5時XNUMX分にプーケットエクスプレスに語った。 救助ダイバーから、行方不明の少年の遺体をついに発見したとの連絡を受けた。 遺体はW氏(16)と特定されたが、年齢のためフルネームは伏せられている。 体に傷は見つからなかった。 発見時には母親も現場に居合わせており、遺体はタラーン警察署に搬送された。

ラグーン内には木の根が多く、捜索の妨げになったため、救助ダイバーによる遺体の捜索には7時間かかった。 ワルトさんはラグーンで釣りをしていたところ、誤ってラグーンに落ちて溺死したと報告されている。

プーケットエクスプレスは、犠牲者の友人や家族に哀悼の意を表します。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。