来月に予定される南部平和イニシアチブの概要

プレスリリース: 

南部国境三省の平和構築特別委員会は、この地域の平和構築の課題に対処するための措置を急いでいる。 

委員会のジャトゥロン・チャイサン委員長によると、当局者らは効果的な和平交渉を促進するための重要な要素として立法と議会の関与に焦点を当てているという。

委員会の議題には、平和努力を支援する新たな法律や改正の必要性を強調し、特にこの地域における戒厳令などの特別法の適用を再評価する下院向けの提案草案の作成が含まれる。

委員会は当初90日間の任務に基づいて運営されているが、専門家のアドバイスと包括的な実地調査の必要性に基づいて延長される可能性がある。

この延長は、委員会が南部国境の3州への詳細な調査と現地訪問を実施できるようにするために不可欠である。 これらの訪問では、実践的で影響力のある提案を作成するために不可欠な、地元コミュニティからの重要な洞察とフィードバックが得られることが期待されています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。